サーバント・リーダーの育成に向けて、実践的なボランティア活動を促進します。

ボランティアについて

  • HOME »
  • ボランティアについて

ボランティアとはボランティアとは

地域のお祭りやイベントのボランティア、災害ボランティアなど、ボランティアをいう言葉を耳にすることは近年多くなりましたが、そもそもボランティアとは何なのでしょうか。
英語ではvolunteer(ボランティア)と書きますが、その語源は「意志」を意味するラテン語volo(ウォロ)、「自由意志」を意味するラテン語 voluntas(ウォルンタース)であると言われています。
この言葉の中核には「自発性」という概念が常に存在し、単に他人や社会に奉仕する活動のみを表すのではなく、自発的に何かに取り組みたいという精神や行動のそのものを表す言葉であると理解できます。

自分にぴったりの活動を探してみよう自分にぴったりの活動を探してみよう

ボランティアとひとことで言っても活動内容は多岐多種に渡ります。しかし興味はあるが、何からはじめていいか分からない、情報が多すぎてやりたい活動が見つからないという方もいると思います。
そんな時は自分はどんな社会問題に関心があるか、いつ活動できるのかという風に条件設定をしていくと必要な情報にアクセスできるかもしれません。

ボランティア活動の分野ボランティア活動の分野

ボランティアセンターでは主な活動分野を次のように分け、ボランティア情報を探す学生が自分の関心ごとにそって探しやすいように工夫しています。

  • -災害救援/復興支援・・・防災活動、災害時の救援活動や復興支援など
  • -環境保護・・・環境保全、清掃活動など
  • -教育支援・・・学習支援、フリースクールサポートなど
  • -社会福祉・・・障がい者、高齢者など生活課題を抱える人のサポートなど
  • -スポーツ/文化/芸術・・・ウィンタースポーツ教室、美術館・博物館での活動、地域文化の保全・育成など
  • -国際協力・・・発展途上国への支援、国際理解活動など
  • -まちづくり・・・地域おこし、地域創生など
  • -全般・・・複数の分野にまたがるもしくはどこにも該当しない

(2017年4月現在)

ボランティアセンターの活用ボランティアセンターの活用

ボランティア情報の収集先として、センターのリソースを活用いただけます。

  • <情報収集先>

    • ●ボランティアセンターの掲示板、ファイルなど
    • ●ボランティアセンター公式ウェブサイト

    LINE@

    Facebook

    • ●学生ポータル(学生専用サイト)
  • ボランティアセンターの活用

それでも自分に適したボランティアが何か分からない、活動についてより詳しい情報が欲しい、具体的な申し込み方法について聞きたい場合には、ボランティアセンターに常駐するコーディネーターにご相談ください。

ボランティア活動時の注意点ボランティア活動時の注意点

ボランティア活動は自発的な行動の現れですが、一方で“Do No Harm”という原則があることを忘れてはなりません。相手や現地にマイナスの影響を与える行動はとってはならないということです。
また、活動中は学内外に問わず青山学院大学の一員として皆さんは見られています。人と接する際には礼儀正しくするよう心がけましょう。

事前準備で忘れてならないのがボランティア保険の加入です。ボランティア活動の際にはたとえ1日の単発であったとしてもボランティア保険へ加入することをお勧めします。
詳しい加入手続きが分からない方はセンターまでご相談下さい。なお、海外でボランティア活動する際には海外旅行保険に加入しましょう。


PAGETOP
Copyright © 青山学院大学ボランティアセンター All Rights Reserved.