明日からM4Rが始動します!!

2016年、日本では10,901人が難民申請を行い、認定されたのは28人でした。
なぜこのようなことが起きてしまうのか。その理由の一つとして、難民についての理解がないということがあります。私たちの偏見や誤解こそが難民問題を、遠い国の問題にしてしまっているのではないでしょうか。M4Rの取り組みの目的は、より学生に難民の理解・興味を深めてもらうことにあります。

Rooteでは認定NPO法人難民支援協会(JAR)と連携し、”Meal for Refugees(M4R)”難民の故郷の味を学食のメニューに導入する取り組みを行っています。彼らの故郷の家庭の味が再現された料理を学食で食べることで、難民協会を通じて、一食あたり20円が日本で暮らす難民の方々の支援ができます。
食べるだけでなく、難民についてもっと考えることができる「難民ワークショップ」。不要な本で、難民支援協会に寄付ができる「チャリボンプロジェクト」でも、難民を支援することができます。ぜひ気軽にご参加ください!

【学食のメニュー】
第一弾
ビルマ風きなこ入りサラダラーメン
価格 450円
期間 10月5日、6日
場所 17号館食堂

第二弾
パキスタン風炊き込みごはんビリヤニ
価格 450円
期間 10月10日、11日、12日
場所 17号館食堂

【難民ワークショップ】
難民支援協会の方を講師に迎え、在日難民の理解を深める「体験型ワークショップ」が開催されます。この機会に難民についてもっと考えてみませんか?

日時 10月10日(火) 18:40~
場所 青山キャンパス内

※青学生、教員の方対象。ポータルサイトから参加申し込みください。

【チャリボンプロジェクト】
あなたの要らない本が難民を助ける「チャリボンプロジェクト」。古本を回収し、難民支援協会へそれらの買取相当額の資金を寄付します。不要な本がお手元にありましたら、ぜひ回収BOXを積極的にご利用ください!

期間   10月2日(月)~27日(金)
設置場所 ・ボランティアセンター前
・17号館1階 エントランス付近
・17号館2階 スチューデントセンター前
・8号館1階 入り口付近
・大学図書館 入口