追々寒さに向かいますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

明日11月18日(土)はシンポジウムが開催されます。

東日本大震災をきっかけに立ち上がった学生ボランティア団体ボランティア・ステーションは、ボランティアセンター学生スタッフ“Roote”と組織を新たにして一年間活動してまいりました。シンポジウムではその一年間の活動のボランティア活動の成果や思いを振り返り、共有します。

日本の社会福祉の第一人者である阿部志郎先生をお招きした基調講演や、パネルディスカッションなど、充実したプログラムをご用意しております。

学生さんや地域の皆さま、ボランティアに関心のある方、ぜひ参加してください。お待ちしております!

 

日 時:
11月18日(土)13:00~16:00
会 場:
青山学院大学 青山キャンパス 総研ビル 12階 大会議室
参加費:
無料
対 象:
本学学生・教職員ならびにボランティアに関心のある一般の方々
定 員:
150名程度

 

プログラム内容
12:30
開場
13:00
開会挨拶
13:10
【基調講演】学生へのメッセージ:主体性を持ったボランティア活動の意義とは(仮称)
【演者】阿部志郎先生(本学名誉博士/神奈川県立保健福祉大学 名誉学長/社会福祉法人横須賀基督教社会館 会長)
14:05
【学生発表】(学生スタッフ、第1期ボラサポ活動報告)

* Roote発表
* 三陸港まつり開催支援プロジェクト
* 体育会レスリング部 大島クリーンプロジェクト
* Samaritans Place 支援プログラム
14:45
【パネルディスカッション】
15:55
閉会あいさつ
16:00
終了

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【シンポジウム開催】青山学院大学ボランティアセンター開設1周年を迎えて

 

東北部 広報宣伝課 2年
天野 日和