明けましておめでとうございます。

Rooteの新代表を務めることになりました、鏡でございます。

皆さまには、健やかに新春を迎えられたこととお慶び申し上げます。

さて、私は今実家に帰省しております。実家は山形県にあるのですが、例年以上の積雪に見舞われており、元旦も雪が降り続いています。寒さの厳しい地域なのですが、久しぶりの実家の雰囲気は温かく、ほっとするような安らぎが感じられます。

私はこれまで宮城県塩竃市と熊本県南阿蘇村にてボランティア活動に携わってまいりました。そこでも実家のような温かさを感じます。街中で声をかけていただいたり、おいしい差し入れをいただいたり、地元の良さを熱心に伝えて下さったり、活動するたびにたくさんの温かい気持ちをいただきます。Rooteのスタッフの学生スタッフの中には、活動先のことを「第二の故郷」と表現する者や、何度も活動先に通う者もおります。また多くの参加者が「とても楽しく充実していた」とプログラムを振り返ります。こんなに活動先を愛せるのは、私たちを快く迎え入れてくださる活動先の方々、そして私たちの活動を支えてくださるたくさんの方々のおかげに他なりません。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

新体制になってもそんな「温かみの感じられるプログラム」を実施できるよう、スタッフ一丸となって尽力していく所存です。

 

Rooteが発足してから1年が経とうとしています。この1年試行錯誤しながら活動してまいりました。その中で私たちの強みと弱み、どちらもはっきりと現れてきたように思います。現在、さらに良い活動ができる組織にするために、Rooteに関わる全員で意見を出し合い、話し合いを進めております。意見がぶつかることもありますが「だれかのためになりたい」という気持ちは全員同じです。

 

先輩方から受け継いできた主体性や考える力、そしてチームワークを忘れず、団体としてさらに成長できる1年にするために努力いたします。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

第8代学生代表 鏡 詩織