サーバント・リーダーの育成に向けて、実践的なボランティア活動を促進します。

センター長からのメッセージ

ボランティアセンター長からのメッセージ

ボランティアセンター長 飯島泰裕(社会情報学部 教授)


「市民協働」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
この市民とは、渋谷区民や相模原市民などのように、住んでいるところを示したものではありません。この市民とは、その社会の構成員であることを意味しています。古代ギリシャ時代から、人間は社会の構成員である市民に憧れ、なることを切望していました。つまり、市民になることは、とても名誉なことだったのです。そして、他の構成員と協働で、活動することが求められていました。

困っている人を助けるというボランティアは、社会への貢献を示す、市民として重要な活動です。ある意味、市民協働の第一歩でもあります。今、コロナ禍の中、対面して行う活動や海外へ行く活動は、延期あるいは中止を余儀なくされています。今までの社会的弱者はより困り果て、さらに新たな困りごとはどんどん増え、そうした困りごとを抱える人は増大の一途にあります。

米国スタンフォード大学では、Webサイトに「スタンフォード大学の学者や研究者は新型コロナウィルスに対抗するために力を貸します」というページを設け、約70のプロジェクトが公開しています。この中には、医療や創薬に関するもののほか、リモートワークや遠隔学習、データプライバシー、社会への影響調査などプロジェクトは多岐に渡っており、学生のボランティア活動も盛んなようです。

青山学院大学ボランティアセンターは、青山キャンパス、相模原キャンパス、それぞれに設置され、国際貢献から地域社会貢献まで様々な活動が行われています。また、このセンターにはボランティアコーディネーターがおり、様々なボランティア活動を企画、実施し、相談に乗っております。そうした施設やサービスを活用して、ボランティア活動、社会への貢献活動、市民協働を実現して、豊かなキャンパスライフを送っていください。
今こそ、青山学院は、知的市民として、社会へ貢献しようではありませんか。「地の塩、世の光」となるように。


PAGETOP
Copyright © 青山学院大学ボランティアセンター All Rights Reserved.