9月12日から14日までの3日間、国際協力NGO GLMインスティチュートが実施する「国際協力プランナー入門」ワークショップに青山学院大学生5名が参加しました。
 このワークショップは青山学院女子短期大学の科目「共生社会実習」の一つとして位置づけられ、途上国における児童労働などについて学んだ後、チームに分かれてプロジェクト企画会議を行い、「なぜ学校にいけない子ども達がいるんだろう?」という問題に集中して取り組み、最終日には解決方法や自分たちでできる実践活動について発表しました。