もしもプロジェクト青学

MOSHIMO PROJECT AOGAKU

もしもプロジェクト青学

“もしもプロジェクト”とは

「もしも」は
「いつか」やってくる。

をキーワードに、渋谷を舞台に、みんなで「もしも」を考え、 「備え」を実行していくための防災プロジェクト。

そんな“もしもプロジェクト”のコンセプトに賛同した青学生有志が集まり、“もしもプロジェクト青学”チームを2021年7月に発足しました。
渋谷を災害に強い街にするため、区内のさまざま団体・企業と連携しながら「もしも」に備えた学生ならではの防災情報を発信しています。

<現在の活動>

  • 防災教育としてのイベント企画
  • 学生向けSNSを介した防災情報の発信
  • 学外防災イベントへの出展

<これまでの活動実績>

2021年
    • 13名の学生でプロジェクトチームを結成
    • Instagram、Twitterのアカウント立上げ、情報発信
    • 区内の避難経路を分かりやすくまとめたムービーを作成し、YouTubeに公開
    • Social Innovation Week Shibuya2021のLong Panes Discussionもしも会議にオブザーバー参加
      ※アーカイブ動画をこちらからご覧いただけます
    • こくみん共済coop本部にプロジェクトメンバーが訪問し、「プレもしも会議」を開催
2022年
      • そなエリアで開催された防災クイズ&ゲームDayに出展
      • もしもフェス渋谷2022にてブース出展
      • 青山キャンパスにて、防災ランチ会及びもしもスクール ”NHK”職員と考える災害・防災”を開催

    <情報発信ツール>

    InstagramTwitter

    <活動メンバー>

    現在、青山キャンパス在籍の学生が活動しています。

    <もしもプロジェクト渋谷>

    もしもプロジェクトはみんなで「もしも」を考え、「備え」を実行していくためのプロジェクトです。 多様性の街の渋谷では、その対策だって、多様である必要があります。 渋谷に暮らす人、働く人、遊びにきた人。 まずは、渋谷という都市の中に、「もしも」の日のために何ができるかを一緒に考えるために、こくみん共済、渋谷区観光協会、渋谷未来デザインの3者がタッグを組んでさまざまな活動を展開しています。

    公式サイト:https://moshimo-project.jp/

TOP