朝夕はいくらか過ごしやすくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

8月5日~12日にかけて塩竃プログラム1陣が活動を行ってまいりました。

初日は鹽竈神社を参拝し、2日目は塩竈市の復興推進局復興推進課の課長さんから震災当初から現在までの復興についてのお話を聞きました。3日目からはそれぞれ分かれてメインの活動を行いました。

1陣で行った学童保育、けやき教室&コラソン、経済復興支援の活動について報告します。

【学童保育】

学童保育プロジェクトでは、塩竈市にある小学校の仲良しクラブで活動しました。塩竈市の学童保育では震災の影響のほか、国の規定の変更により子どもたちの受け入れ対象学年が引き上げられたことが環境の変化として挙げられます。こうした中で先生方の負担を少しでも軽減することを目的として二年前より行われている活動です。活動させて頂いた小学校は第一小学校、第二小学校、第三小学校、杉の入小学校、玉川小学校、月見ヶ丘 小学校です。

各小学校の一日の流れは朝の会から始まり、勉強時間、自由時間、お昼、ゴロゴロタイム(お昼寝)というスケジュールでした。自由時間では、晴れていれば外にでてドッジボールや鬼ごっこ、ブランコをしたりしました。また雨の日は、ボードゲームやカードゲーム、レゴブロックをして遊ぶことで子どもたちとの仲を深めることができました。

最終日には企画していたイベントを行いました。子どもたちの夏休みに特別な思い出を残せていたら幸いです。

【けやき教室&コラソン】

けやき教室とコラソンは、不登校の小中学生が通う教室です。児童生徒と年が近い大学生の私たちが交流することで、子どもたちに刺激を与えることを目的としています。8/7~8/10の4日間の活動を予定していましたが、夏休みということでなかなか子どもが来ない状況にあり、1~3日目は予定していた活動ができませんでした。

しかし、最終日のコラソンの先生が提案してくれた老人ホームでの窓拭き作業には、コラソンの生徒2名が参加してくれました。作業が終わるとコラソンにてお昼ごはんとしてそばを一緒に作り、午後は準備していったスライムを作りました。楽しく会話を交わすことができ、子どもたちの笑顔を見ることができました。本格的な活動は最終日の1日のみとなってしまいましたが、子どもたちとしっかりコミュニケーションをとることができました。

【経済復興支援】

8/11に全員で経済復興支援を行いました。今年は農業のお手伝いと海の家のお手伝いに分かれて活動しました。農業は野々島にあるフラワーアイランドにて畑の畝作りをしました。雨の影響で足場が悪く大変でしたが、アドバイスを受けながら皆がしっかり作業と向き合うことができました。

桂島にある海の家では品物を運ぶなどのお手伝いをしました。今年初めて行う活動で、改善点も多く見つかったため次に生かしていきたいと思います。浦戸諸島では若い力を必要としています。作業をする中で様々なお話を伺い、私たちが島に行き現状を知ることが嬉しいと現地の方は言ってくれました。

1週間実りのある日々を過ごすことができたことを感謝しております。

塩竈プログラムでは引き続き2陣が活動を行っています。最後までいい活動ができるよう努めてまいりますのでご報告をお楽しみに!

 

東北部 広報宣伝課 2年 天野日和、小湊紗智乃