3.11 8年目に寄せて

時下ますますご清祥の事とお慶び申し上げます。

また、震災に被災された方々には改めて心からお見舞い申し上げると共に、復興に尽力されている皆様には安全に留意され、ご活躍されることをお祈り致します。

今年で、震災から8年が経ちます。毎年、その日テレビの生中継で見ていた光景を思い出します。避難に間に合わず、波に飲み込まれる車を見たとき子供ながらにこれは大変なことなのだと理解し、言葉が出ませんでした。

これまで、さまざまな形で復興はたしかに行われてきました。しかし、今もなお多くの方々が避難され、8年間にも及ぶ長期に渡って不自由な生活を送られている方もいらっしゃいます。故郷に帰る見通しが立っていない方々、涙をのんで元の家を取り壊した方々もたくさんいらっしゃいます。年数が経つにつれ疎かになりがちな、避難生活の長期化に伴う心身のケアや新たなコミュニティー形成への取り組み、農政業の再生支援などの生活環境の整備というのは、復興支援を行う我々Rooteとしても、アプローチしていきたいと思っております。

春のこの季節、様々な人生の節目に立つ方々も多くおられると思います。8年経ってもなお、前に進むことが難しい方々がおられることを心に留めながら、皆さまのご多幸をお祈りしております。

Roote代表 ヤマウチ恵凛